2014年06月27日

花火指導・・・

今日は消防士さんが来てくれて花火の指導をしてくれました。
ホールではアンパンマンの紙芝居で花火のするときの注意を教えていただきました。
DSC_9063.JPG

DSC_9072.JPG
ぞう組さんは花火をしての指導もして頂きます。
DSC_9100.JPG

DSC_9102.JPG
そして毎年なんといってもお楽しみ消防服を着ての記念撮影です。
もちろん初めて着る消防服の感触や重みを体験しました。
みんななかなかサマになっています目
DSC_9114.JPG

DSC_9109.JPG

DSC_9123.JPG

DSC_9125.JPG

DSC_9126.JPG

DSC_9129.JPG

DSC_9137.JPG

DSC_9138.JPG

DSC_9144.JPG

DSC_9149.JPG

DSC_9153.JPG

DSC_9156.JPG
去年、先生に着せてくれたのを覚えていた消防士さんが
今年もどうぞと言わんばかりそっと置いてくれました。
DSC_9135.JPG
最後は消防士になった先生と一緒に撮りました。
DSC_9164.JPG

DSC_9177.JPG

DSC_9176.JPG

DSC_9178.JPG
消防車の説明をしてもらってあとにみんなで記念撮影カメラ
DSC_9182.JPG

DSC_9187.JPG

DSC_9079.JPG

DSC_9087.JPG

DSC_9089.JPG

DSC_9096.JPG

DSC_9071.JPG

園の主exclamation&question
昨日の夕方に園庭に出てきたヒキガエルを子ども達に見せたくて
一晩カゴの中で過ごしてもらいました。
DSC_9042.JPG

DSC_9050.JPG

DSC_9038.JPG

DSC_9054.JPG

DSC_9056.JPG
園児達に挨拶したあとはまたどこかに行ってしまいました。
中学1年生の卒園時が年中児の時に見つけたこともあるとか。
ヒキガエルの寿命は10年以上とも、ひょっとすると
同じヒキガエルかもしれません。まさしく園の主でした。
DSC_9040.JPG
posted by ota-izumi kindergarten at 15:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ヒキガエルは結構強力な毒を持っています。毒の主な成分はブフォトキシンなどの強心ステロイドで、神経伝達物質のセロトニンも含まれています。万一触れると接触性皮膚炎を発症します。またもし口に入ってしまうと、幻覚作用がり、時には吐き気や痺れなどを発症します。また耳腺から毒を吹き飛ばすこともあるそうです。
カエルは全体的に毒を持っているので、極力素手でさわらないほうがいいです。
Posted by 心配性の親 at 2014年06月30日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100613293

この記事へのトラックバック